ベリーダンスベースのオリジナルパフォーマンスクラス
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
なぜ、そうしちゃいけないのか?
2011-12-03 Sat 13:28
私はいつもレッスン中 アンジュレーションをする時、

「アゴを上げるな! 肩をまわすな! 腰で勢いつけるな~!
            (...って、こんなにコワくないですが、↑)

と言います。 なぜ、そうしちゃいけないのか。。。?
答えがこの映像にあります。 ↓





この人、頭にトレー、その上に燃え盛る火のついたローソク立ってます。
それなのに、脚のばしておへそ上向けてアンジュレーション。
(これは、お腹だけのアンジュレーションになるけどね)

彼女がもし、アゴ動かしてたら 肩動かしてたら ....
辺りは火の海になるだろう。。
(火祭りだホイ♪ )

みんな、ここまで出来るようになろうよ!
(って、私も試したことないけどさ、、 )

じゃあ、これが出来るようになるには。。

私や他のセンセが言ってることをよく聞いて
そこからしっかり動かせるようになってね

スポンサーサイト
別窓 | ベリーダンスのテクニック | コメント:0 | ∧top | under∨
Souheir Zaki
2011-06-30 Thu 19:02
はい、今日のブログはお勉強です。

「 Souheir Zaki ~ スヘイル ザキ 」

スペル・呼び方はいろいろなのですが、この「ザキ」というテクニック。

B1クラスでも少しづつ出てきているし、
各B2クラスによっては振り付けに入っていると思います。
ABクラスは.... 出来て当たり前。  になっておかなきゃいけない。


エジプトの超~大スターダンサーである スヘイル ザキさんが
最初にしたので この名前がついたそうで。
この方です。 ジャ~ン!  ↓




わかりますか? 1:06~ ゆっくりザキりますよ。 
腰をカクンカクンと左右交互に下に落とすような動き。
でも頭や他の部分は揺れず。。 この動きです。

本物見ないとね、 わかんないもんね。
それに、どういう時にこのテクニックが入るか、という
ニュアンス。。


それにしても。。。。


私はこの記事を書く前に youtube で

「少女時代」「KARA」など、K-POP なおねーちゃんたちを見て、
「Chicago」や「Burlesque」のアメリカンなダンサーを見て、
パリ「ムーランルージュ」のフランスのダンサーを見て、
エジプトのベリーダンサー、スヘイル・ザキを見る、という

「世界のダンサー拝観の旅」みたいなことしてたんだけど、
(まあ、時代背景・シチュエーション・ジャンルも違うけど、)
言えることは...

国によって 「魅力を感じる女性像」 が違う

言い換えれば、 「男の好みは国によってそれぞれだね 」ということ。


 
私はふくよかなダンサーさん、て実はニガテで
出来るだけスマートな ザキさんを、と探したのだけど、、

よく見てたら、 たまらんよね~
柔らかそうなボディで楽しそうに そばに寄ってきてさ、
髪かき上げるようなしぐさとかして こっち見て
自分の近くに接近してる 彼女のまあるい腰だけが 
ぷるん♪ぷるん♪動いてるだなんて。。

しかも、衣装が、  
前面両サイドにスリット入りですか、
太ももチラ魅せ ですか、
(いや、まる魅せだ)

(この瞬間 S・A・K・I、頭脳を♂モードに変換)

。。。 ヤバイ


ベリーダンスは決して「男性を誘う」ものではない。
でも、「女性の魅力を存分に出して踊る」ものなので、
それを見てしまった男性が映像のように
デレデレなってしまうのは無理もない。
(後ろ~のテーブル席で見てる男性、、)


~まとめ~
「ザキ」テクニックは
腰だけが動くから魅力的なのである。

腰とともに頭やら肩やらどうかすると
体全体が動いちゃうと、、、、

それはもはや「ザキ」ではなく、

「スリラー」のPVで 
マイケル・ジャクソンの後ろで踊ってる
「ゾンビたち  」

。。。だな。
別窓 | ベリーダンスのテクニック | コメント:0 | ∧top | under∨
ベリー仕様ですから
2011-02-14 Mon 01:49
先週木曜日は「熊本・湯らっくす」クラスへ行ってきました。
熊本のみなさん、温かく迎えていただいてありがとうございました!
忘れかけられる頃、又ひょこっと代講に来るかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

モモスタでは、各種「ハフラ」ご用意しております。(笑)
ぜひぜひご参加下さい! 
福岡のベリーの仲間と楽しく盛り上がりましょう♪





さて、若い頃やってたジャズダンス、復活してレッスンに行ってるのだが、
、、、、、、    ついていけてない

体の老朽化ではないの。 
身体能力もスタミナも今の方がいいのです。
あの頃はホント 体硬かったしねー。

じゃあ、理由は。。  

体が 「ベリーダンス仕様」 になっちゃってるから  みたい。。

ジャズダンスは...

○ リズムが速い
○ 体を分離させずに踊らなくてはいけない。
○ カウントの取り方に「遊び」がない。
○ あいまい加減がいい動き♪ など絶対ない。
○ 「キレ」のある動きが大切。(これはイケてるが)
○ 「自己主張」より「連帯感」
○ 土台にバレエの基本があるので、そこはきちんと守る。


Oh! なんと自由に自分が出せるベリーダンス!
Ah... 体のパーツの繊細な動きが美しいベリーダンス!


長年クラシックバレエをやってきた人がベリーダンスを始めて
最初のうちは ダンス経験の無い初心者さんよりも苦労してしまう
ことがよくある。

バレエは 手のポジション、足のポジション、ポーズが
決められていて テクニックには全て名前がついている。
その厳格な「決まり」にそって美しい動きが成り立っている。


ベリーダンスは 体の一部分だけを動かす、とか その動きを続けながら
そこに更に別の動きを付け加え、手はまた違ったことをする。
。。そんなことしながらも、すました顔をしている私。

なんて、そんなことバレエやジャズダンスじゃありえないし!

とにかく、「体の、あるパーツだけを切り離したように動かす」
というのが理解しにくく、やったことのない摩訶不思議な動きらしい。



私は逆。 
ジャズのレッスン中に腰の動きと脚の動きを切り離しちゃったり、
体をねじっちゃったりするらしい。 トホホ
ベリーダンスモードですな、、 


今までやったことのない動きにビビッているベリー初心者さん
と同じ心境の私です。 どうぞお気楽に。。
別窓 | ベリーダンスのテクニック | コメント:0 | ∧top | under∨
ハリージ と首と ザール
2009-09-17 Thu 23:47
ジルを使う曲と並行して、 ドラムソロも教わっている。

師匠が踊ると、
そりゃあ かっこいい ドラムソロの振り付け♪

(なんで私が踊ると、
 こんなにもお粗末でつまらないものになるのか。。

まあ、ともかく ドラムソロって、
途中でいろんなリズムに変化する。

今週は「ザール」のリズムのところまで。

「ザール」 ..... ♪ドゥン タ ドゥン タ ........ ♪と続く重いリズム。

ザールを聞くと、ベリーダンサーは 頭を振りたがる、らしい。
。。。 というか、頭を振らなければ ならない。

で振る練習。

で、ちょっと 恐怖の旋律、 嫌な予感。。 (ヤバイかも)


案の定、又 やってしまった××× 

く、首が痛いよお~ 


実は、発表会のフィナーレで 「ハリージ」を踊った際、
たいしてグルングルンしたわけでもないのに、
その後、ずーっと 首にだるさが。。 
一週間続いた。

やっと、直りかけたのに ぶり返してしまった。
首の後ろが痛い。 首の後ろが痛いと、だんだん肩にきて
しまいには 吐き気までするんだね。

首は私の弱点。 私は首が短くは、ない方なので
首に負担がかかるのだろう。 まず1番に痛めてしまう。

初めて 「バンテリン」 なるもの 買いました。 (トホホ  )

でも、やります! 勉強だもの。 

みなさんも 充分気をつけて ベリーを楽しんで下さいまし。。 
別窓 | ベリーダンスのテクニック | コメント:2 | ∧top | under∨
眼ヂカラ。
2008-10-24 Fri 00:13
今回の発表会に学生時代から付き合いのある旧友を呼んだ。

初めてベリーダンスを観た彼女の言葉に

「何がすごいか、って あの眼ヂカラ
 もし私が男だったら、あんな風に視線向けられたら 
 もうイチコロ  よねえ。」

それは、私の師匠や スタジオの講師陣だったらしい。
さすが。。。

私なんか、恥ずかしくて いつもわざとお客さんを視線を合わさずに
踊ってたもんね。

踊る時には、「笑顔」 の大切さなどが話題に出たり、は多いけど
「視線」も大切だとは。。

自分に自信をもたなきゃいけないな。
別窓 | ベリーダンスのテクニック | コメント:4 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。