ベリーダンスベースのオリジナルパフォーマンスクラス
ステージの神様
2011-09-16 Fri 21:26
今日は宴を観に来ていただいた
「ステージの神様 (と私は呼んでいる) 」 
とお会いしてきました。

この方とは

P1000417_sh01 cut
 
↑この 「ポリス帽」 を譲っていただいたことがきっかけで
  (※右は はーちゃん。ティエンポにて )


o0625053111451090742 small


この 「背負い羽」 も譲っていただけることになり、
私たちの想い が実現に至った 、という経緯の
ありがた~い存在の方 なのです。


聞くと、この方。

現役時代は 歌手、ダンサーとしてバリバリ活躍されていて
その後、数々の大ステージの監督・プロデューサーを経て、
又、本格的ショークラブも経営されていた、という、
ステージ上のことなら、演出・照明・音響・構成 ....
全ての事を知り尽くした方だったのでした。

私が習っていたジャズダンスの先生のことも

「ああ、○○クンのとこでやってたの。
***の時、○○クンには振付頼んだよなあ。
あん時 総監督してたの、ボク。 」

○○先生を ○○クン、ですか、、、
恐れ入りましたあ~



。。。で今日は、宴の感想を聞きに行ったのですよ。


「素人のダンスの発表会だしなあ、、」 
とお誘いした時は 乗り気ではないご様子でしたが、


「ボクもいろんなとこのスタジオの発表会を
観に行ったけどね、
いやあ、素人の発表会にしては
ダンスのレベル高いし、
構成もなかなかいい。見応えあったよ。 」

とお褒めの言葉をいただきました

「羽ダンス」はやはり、注目してたようで
私もドキドキでしたが、

「あんた考えたの? 振付も?」

「は、はい。衣装、曲、イメージなど
みんなの希望を聞いて形にしてみました。
振付などで どーしてもつまづいた部分は
仲間がアイデアを出してくれましたが。」

(↑ここが「Iクラス」の団結力とスゴイとこなのよ♪)

「あれ、よかったぞ。 あんな風にもってくるとはな。
 まず、客席ドアから出てきたとこがよかった。
 みんな驚いてただろ? 身近に羽が見れるんだもんな。
 ありえないよな。

 あの演目自体の構成もバランスよかった。
 2曲目はミドルスロージャズだから、
 プロでも音取りにくいのに ふふん... 
 上手く出来てたぞ。

(↑ベリーの曲は実はミドルスローテンポが多いのだ )

 
 3曲目でみんなで手をつないで飛んだだろ?
 「飛ぶか~?!!!」 てびっくりしたわ。
 オレ、ダンサーに羽背負わせてジャンプさせたこと、
 そういえば一度もなかったよー。ありえねー。意外だった。
 これだから素人が考えることはコワいんだよな。
 ハハハ!  」

(羽背負って、客席ドアから登場。仲間と手を取り合って
 素人っぽくジャンプ!は私が1番やりたかったことで )


というわけで、私は「75点」という評価をいただきました

ステージに厳しいプロからもらえたこの点数。

私個人のダンスの出来ではなく、
私が手掛けた ステージの構成・振付・演出で、ですよ。
その評価がうれしいのです!

安心して帰りました。。

で、最近になって宴疲れで「燃え尽き」かけ始めてたんですが、
なんかヤル気が...!

演出楽しいな♪ 

今回は余りにもベリーからかけ離れてたので、
軸をベリーに戻してから 
これからも観てる人が楽しんでくれるものを
作っていきたい。。

ユニークで熱い
「ステージの神様 」 とのご縁でした♪


 

 


スポンサーサイト
別窓 | ダンスな人々 | コメント:0 | ∧top | under∨
視察
2011-02-08 Tue 00:49
モモスタダンサー「Fumiちゃん」 のブログを見た
好奇心旺盛な 「味センセ 」 に誘われ、
「博多新劇座」 なるところに行った。

いわゆる 「大衆演劇」 といえばいいのか、
有名どころで言うと、「早乙女太一」とか、「梅沢富美男」とか。。
下町っぽい雰囲気の   意外に   なじめない、、、私
(どーも、落ち着かん、、、)

だけど、「女形」て前から興味あったし、
「女性らしさ」はベリーに不可欠。
舞台の演出だとか、役者の立ち振舞いとか、
勉強のために行ったわけですよ。。。


      すごいよ!


面白すぎ!(笑)
ベリーダンスやってる人はぜひこういうの
観に行ってみてください!
あの役者さんたちはロクに踊ったりしてないのに、
ただ突っ立ってるだけで 「演技してる」 ように見える。
演技・踊りが途切れない! やってない時でも(?!)
全てがシャッターチャンスそのもの!

そして、長年人前で踊ったりするのに携わってきてた私が
自分の過去を振り返って後悔してしまったもの。。

それを、彼らは「武器」としてた。

それは、   眼ぢから!


客席のお客さんを隈なく じぃ~~  っと見るの。
眼が合ってしまったこちらがこっ恥ずかしくなるくらい
でも、だんだん この 「眼ぢから」にやられてしまう~
(きぁあ~♪ 小泉ダイヤさあ~ん! )


思えば私。 人前なんて何やるにも恥ずかしくて、、、
最近では 踊る時はあまりあがらなくなってきたけど、
お客さんの方は今でも見れない×××

でもね、こんなんじゃいかんのですよ!
眼が「泳いでる」と、踊りまでもが魂入ってないように見えることが
わかった。 今頃。  残念な人。

今年は意に反して、自分が踊ることが多い気がするので、
肝入れ替えて(肝移植ですか?) やります。
「見据えて踊り」ますので。 よろしく。
この細い眼で。



別窓 | ダンスな人々 | コメント:2 | ∧top | under∨
おめでとうございます♪♪
2010-05-11 Tue 01:54
これって、「ベリーダンスの普及」に関係してる、とは
言いがたいが、、、、



私と同じスタジオでがんばっているみなさま、

satomi先生のブログに 

師匠の美しい 「白無垢姿」 が載っていますよ! ↓


http://kumarinco.cocolog-nifty.com/blog/


必見だ。


妥協を許さず厳しく指導される いつもとは別の一面、
とーっても可愛らしい女性の魅力も持った師匠は

あこがれであり、尊敬する人なのであります。

お幸せに 

別窓 | ダンスな人々 | コメント:4 | ∧top | under∨
フィギュアの美姫さんが
2009-10-26 Mon 08:48
ジャンル違いですが、昨日のフィギュアスケート、
安藤美姫さんの衣装に一目で釘付け。

ベリラーな私としては、
「あ、何か私の好きそうなことをやってくれるに違いない」と
うすうす予感してました。




やっぱし。。
テーマは 「クレオパトラ」 

曲が、 良いねえ~♪
って、最後らへんになると あっ! ベリーではよく使われてる曲が。。

この曲の演技もこれからどんどん成熟さを増して磨かれていくのでしょう。
おめでとうございます。 これからが楽しみです。

それにしても、 違うところでベリー関連の曲を聞いたりするとやたらうれしくなりませんか?

別窓 | ダンスな人々 | コメント:5 | ∧top | under∨
すてきなベリラーさん♪ その1
2009-09-23 Wed 23:49
私が受け持っている各ベリーダンス基礎クラスには
すてきな人、 個性的な人
感動させられる人 .... など
魅力的な生徒さんがいっぱいいます。

時々この場で (ご本人の承諾もなく....  )
もちろん、「匿名」 にてご紹介します♪


  「不思議な madam」

レッスン中にかける アラブの音楽だけを聴きに参加される
謎の女性。。。

その方は毎回とても個性的なファッションで現れる。
目の覚めるようなビビットカラーを大胆に着こなす
とても「ハイカラな女性」。

私よりはだいぶお姉さんなのだが、
品の良い声、振る舞い。。。

決して踊ることなく、椅子に腰掛け、しかしながら
真剣に私のレッスンに耳を傾けている。

3ヶ月で一区切りのこのクラス。
最終日に彼女は途中から他のみなさんと一緒に
ステップを踏み、動いてくれた。
私はそれだけでうれしかった。

レッスン後、 ようやくその方と
話をすることが出来た!

私がそのクラスを受け持つ前のことなのだが、
その方はカルチャーで別の講座を受けていたらしい。
終って教室を出ると 別の教室から
今まで聞いたことのない音楽が。。

「なんて、気持ちの揺さぶられる音楽なんだろう!」

そのリズムに引き込まれるようにドアを
開けると そこは「ベリーダンス」の教室だった。

「お願いします!
こういう音楽をずっと聴いていたいので
このクラスに参加させて下さい!」

以来、(少なくとも半年は) クラスに通い続けているらしい。

「実はベリーダンスのCDをいくつか持ってるんですよ。」
そのCDをかけると とてもお気に入りの曲が始まった時、
「先生! これです。私、こういう曲が好きなんです!」 と
普段動かない彼女は鏡の前へ出て華麗に舞い始めた。

リズムに合わせてスネークアームをしてステップを
少し踏むぐらいなのに、とても初心者とは思えない
優雅な手の動き。 様になっているポーズ。

一瞬だったのに、私は感動した。(ホントに)
彼女は本当に曲を体の奥から楽しんで
それを動きで表現しているようだった。

ベリーダンスは元々「即興の踊り」。
その時の彼女は なめらかに舞う「ベリーダンサー」そのものだ。

おうちでCDをかけていて
気に入った曲になると クラスでやっていた動きを
取り入れて 体が動くままに自分なりに踊るらしい。

話を聞くと、
彼女はとても 「芸術的な女性」 だった。

音楽だけを聴きに参加する彼女のために
何か出来ることはないか、 と今まで心残りだったが
話して打ち解けて 私に出来ることが見えてきたような気がする。

「来月からも続けてレッスンに参加します!
 よろしくお願いします。」

初めて彼女の笑顔を見た、感じがした。

「不思議なmadam」 は

歳を経ても 外見に気を使い、内面も常に磨いていこう、
という感性豊かな美しい女性 でした。

ベリーダンスでこんなすてきな女性と出会えた私は
ラッキー!   


別窓 | ダンスな人々 | コメント:4 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT