ベリーダンスベースのオリジナルパフォーマンスクラス
好きなベリー、って
2012-08-05 Sun 01:26
ベリーダンスにはいろいろな表現・スタイルがあり、
それは 人の数と同じ数だけある、と思います。

大多数が評価しているから それが絶対いいものだ、と
決めつける必要はない、と思います。
逆に1人でも評価してくれる人がいれば、
それはアリ、だと思います。

評価されている人はその人にしかない良さを
持っているので、
それはどういうところなのか、知る必要はあると思います。

いろいろ知った上で 自分の好きな、あこがれる、目指す
ベリーダンスがわかってくるのでは。。と。


正直、私は最近ベリーダンスに刺激を失いつつありました。
そして、考え直してみました。

「私はどんなベリーダンスが好きだったんだっけ?」 と。

昔、ワクワクして観ていた動画を見直してみると、
「あー、これだったんだー!!」 と
自分の好きなベリーのスタイルを思い出すことが出来ました。

私は体全体で感情を表現するものより
エンターテイメント性が強く、
アイソレーションテクニック、
つまり、体の一部分だけを まるでそこだけ別のものが
生きてるのか、と思わせるようなワザを織り込んだような
ものが好きだったようです。

曲は明るく、楽しくさせてくれるようなもの。

そういえば、最近そういうの観てなかったし、
アイソレーションテクニックを磨くことすら
忘れていた。。

あの頃のドキドキ感を又味わいたくなってきたので
自分の好きなスタイル、又掘り探ってみよう!
がんばろう!

私、この人好きなんですよ。
これはドラムソロだけど、オリエンタルも好き。
こういうの観てたら、自分は全然甘い、と反省 




(ごめーん、本日は長々と語ってしまった。
スルーで結構です、、 )
スポンサーサイト
別窓 | 好きなベリーダンサー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<Raks! Virginia Ⅱ のお知らせ | ステージアートRosarium☆活動記 | 代講 & 8月の休講・代講>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| HOME |